フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズとは

フランチャイズとは特権を与えると言う意味で、ある程度ブランディングをされている事業や、知名度のある事業に加盟金や月額費用を払ってでもその看板を利用する方法のことを言います。 日本では30年ほど前にフランチャイズが広がり、今現在売上も右肩上がりで伸びてきています。 以前は、飲食店や、コンビニと言うジャンルがとても多かったですが、 最近では、レジャー産業や、ペット業界などあらゆる業種がフランチャイズ経営をしています。 フランチャイズと言うと、運営を開始するまでの支度や、資金がとても明確化されている点、 運営に関する相談を気軽に出来ると言う利点があるので、初心者でも比較的簡単に参入することが可能です。

低リスクで安心をしてフランチャイズの事業をすることが出来るのです。 しかし、中にはデメリットもあります。 本部からの影響を受けやすいので、自分の事業の状態に関係なく倒産の危機に襲われたり、自分のアイディアや、考え方でサービスをしようと思っても本部の許可が必要になるのです。 そのため、型にはまった経営のみをする印象が出てきて、経営意欲が薄れてしまったと言う人もいるようです。

デメリットとメリットをしっかり比較してみてください。